格安SIMには大手キャリアのような最低利用期間はないの?

格安SIMには大手キャリアの「2年縛り」のような最低利用期間・高額な解約手数料はないの?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

格安SIMは、大きく分けて3種類あります。データ通信のみ可能な「データ専用SIM」、データ専用SIMに加えてSMS(ショートメッセージサービス)を利用可能な「SMS付きSIM」、データ通信、SMS、音声通話がいずれも使用できる「音声SIM」があります。

 

「データ専用SIM」と「SMS付きSIM」については、基本的に最低使用期間はありません。ほとんどのサービスでは初月無料で、その間に今後契約を継続するかどうか判断する猶予があります。一部で例外があり、最低使用期間を1ヶ月としているケースがあります。その1ヶ月をどのようにカウントしているのか、各サービスにより若干の解釈の違いがあります。

 

申し込みの月から数えている場合と、申し込み月は無料で翌月から1ヶ月とカウントするケースなど、料金の支払いが発生した月を1ヶ月とカウントしているサービスがあります。このあたりは最低でも1ヶ月は使って欲しいと言う、サービス側の本音も見え隠れしています。また、特別な割引きキャンペーンなどを条件に数ヶ月間の最低使用期間を設けているケースもありますので、申し込み前によくご確認ください。

 

「音声SIM」には最低使用期間があり、多くのMVNOが6ヶ月や12ヶ月の期間を設定しています。主な理由は、携帯の電話番号をそのままに他のキャリアやMVNOに移行できるMNPを利用することによって得られる割引きやキャッシュバックなどの特典を得たり、安価に入手した端末をオークションで転売する等と言った行為を短期間に何度も繰り返して利益を得るような、本来の目的とは違った利用をする一部の悪質なケースを抑止するためです。また、限られた利用者のパイを奪い合っている現状の業界内で長期にわたり自社のサービスを使い続けてもらいたいという、いわゆる囲い込みで顧客を手放したくないという狙いもあります。

 

一部、高額な解約手数料を条件に最低使用期間を設けていないサービスもあります。いずれのケースについても、メリット、デメリットをよく検討して、あなたに合ったサービスをお選びください。

 

MVNO各社の最低利用期間及び解約手数料まとめ

MVNO 最低利用期間 解約手数料
IIJmio

12ヵ月

契約残月×1,000円

楽天モバイル

12ヵ月

9,800円

DMMモバイル

12ヵ月

9,000円

U-mobile

6ヵ月

6,000円

OCNモバイルONE

6ヵ月

8,000円

mineo

なし

0円

エキサイトモバイル

12ヵ月

9,500円

BIGLOBE SIM

12ヵ月

8,000円

NifMo

6ヵ月

8,000円

DTI SIM

12ヵ月

9,800円

FREETEL

なし

0円

nuromobile

12ヵ月

契約残月×1,000円

ぷららモバイルLTE

6ヵ月

8,000円

ワイモバイル

24ヵ月

9,500円

LINEモバイル

12ヵ月

9,800円

UQモバイル

12ヵ月

9,500円

ロケットモバイル

12ヵ月

9,500円

TONEモバイル

24ヵ月

9,800円

スマモバ

24ヵ月

9,800円

 

IIJmio、nuromobileは解約手数料が解約タイミングによって変わる

IIJmio、nuromobileは解約手数料が解約タイミングによって変化します。

 

例えば契約月に解約すると解約手数料は12,000円(契約残月12ヵ月×1,000円)。しかし6ヵ月経過した段階で解約すると6,000円になります(契約残月6ヵ月×1,000円)。

 

このように契約期間が長くなるほど解約手数料が少なくなる形で、12か月が経過すると0円になります。解約手数料が一定の他社と比べると、半年以上使っていれば解約手数料が他社より安くなる形なので、もしもの場合に少ない出費で解約できるという特徴があります。

 

 

mineo、FREETELは最低利用期間が無いが、MNP転出手数料が高い

mineoやFREETELは通話SIMにも最低利用期間を設けていませんが、MNP転出を行う際の手数料が高め。

 

mineoは契約から12ヵ月以内のMNP転出を行う場合、12,420円(税込)の手数料が発生します。これは他社の解約手数料+MNP転出手数料の合計金額とほとんど変わらないレベル。なのでmineoは12ヵ月は使う方が無難という形になります。13ヵ月目以降は2160円(税込)。

 

ただ、電話番号が変わってしまっても困らないという場合は、いつでも解約手数料なしで解約ができるのがmineoの特徴。試しに通話SIMを使ってみたいという方には最適と言えるでしょう。

 

FREETELも同じく最低利用期間が設定されていませんが、12ヵ月以内にMNP転出を行った場合の手数料が高目。例えば契約した月にMNP転出しようと思うと15,000円の手数料が発生します。これはかなり高額。

 

そこから1ヵ月ごとに1,000円ずつ転出手数料が下がっていき、12か月が経過すると2,000円まで下がります。なのでFREETELの場合はMNP転出のタイミングが早いほど手数料が高くなる形。逆に12か月以上経過すると他社よりも転出手数料が安くなるという特徴があります(通常は3,000円が多い)。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加