OCNモバイルONEの評判・口コミ及び料金プランの特徴まとめ

OCNモバイルONEの評判・口コミ及び料金プランの特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加   

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションが運営するMVNO。MVNO業者としても有名な部類でユーザーも多いことで知られます。

 

OCNモバイルONEは月割りの他に「日割り」の料金プランを提供していたり、低速ながら大容量の通信プランが合ったりと料金プランにも特徴があります。かけ放題オプションもしっかり用意されているので、通話頻度の高い方にもおすすめ。

 

2016年9月からバースト転送機能も実装され、更に使いやすさがUP!

 

OCNモバイルONE公式ページ

 

OCNモバイルONEの各種情報

初期費用 3,000円
通話料 20円/30秒
最低利用期間 データ通信SIM:なし 通話SIM:6か月
高速通信ON/OFF 可能
公式アプリ あり
バースト転送機能 あり
かけ放題オプション あり
プラン変更 可能(手数料なし)
解約 WEB上で手続き可能
MNP 可能(不通期間なし)

 

 

取扱い機種

  • SHARP SH-M02
  • Blade S7
  • arp AS01M
  • ZenFone Go
  • ZenFone 2 Laser
  • ZenFone Max
  • HUAWEI P9 lite
  • arrows M03
  • Moto G4 Plus

 

 

OCNモバイルONEの料金プラン

 

データ通信SIM

データ通信SIM(SMS付)

通話SIM

110MB/日コース

900円

1,020円

1,600円

170MB/日コース

1,380円

1,500円

2,080円

3GB/月コース

1,100円

1,220円

1,800円

6GB/月コース

1,450円

1,570円

2,150円

10GB/月コース

2,300円

2,420円

3,000円

20GB/月コース

4,150円

4,270円

4,850円

30GB/月コース

6,050円

6,170円

6,750円

500kbpsコース(15GB/月)

1,800円

1,920円

2,500円

 

オプション 月額料金
OCNでんわ 10分間かけ放題オプション

850円

留守番電話サービス

300円

キャッチホン

200円

 

OCNモバイルONEの料金プランで面白いのは日割りのプラン。110MB/日や170MB/日という形で1日に使える容量が決まっており、月末まで通信容量を残しておくことができます。月末になると数日間通信制限になってしまいストレス、でも容量を追加するのも嫌だ・・・という経験をしたことがある方なら、日割りプランを利用すればその悩みも解消できるでしょう。かけ放題オプションもあるので通話頻度の高い方も使いやすく、例えば110MB/日コースの通話SIMにかけ放題オプションを付ければ月2,450円で通話までカバー可能。かなりリーズナブルにスマホを使えます。

 

他にも特徴的なプランとして500kbpsと速度は中低速ながら、15GB/月使える500kbpsコースもあります。ただ、こちらに関しては月額2,000円代で高速通信無制限プランを提供しているMVNOも存在しますし、いっそそちらの方を選ぶ方がお得でしょうからこちらはいまひとつといった印象ですね。

 

ちなみにかけ放題オプションは050plusでは使用不可。通話SIM契約でなければ使えません。

 

 

OCNモバイルONEの特徴

 

OCN光との併用で200円の割引が受けられる

家のネット回線にOCN光を利用している方がOCNモバイルONEで契約すると、1契約当たり200円の割引が受けられます。例えば通話SIM3GBプランは通常月額1,800円ですが、OCN光を使っていると月額1,600円で利用できるという形。

 

この割引を含めて考えると月額料金はかなり安い部類に入るので、OCN光を利用している方はOCNモバイルONEの利用を検討してみると良いでしょう。

 

最大5枚のSIMカードが利用可能

OCNモバイルONEでは1契約で最大4枚の追加SIMカードが発行可能。合計で5枚のSIMカードが使えるので、複数端末で格安SIMを使いたいという方にもおすすめです。

 

全国82000か所のWifiスポットが無料で使える

OCNモバイルONEのSIMサービスに申し込むと、追加料金不要で全国82000か所のWifiスポットが利用可能。「DoSPOT」のステッカーが貼られている場所が対象となります。

 

出先での通史容量の節約に役立つので、是非活用しましょう。

 

口座振替に対応している

OCNモバイルONEは通話SIM、データ通信SIM両方が口座振替に対応している珍しいMVNO。大半のMVNOは口座振替に対応していませんし、BIGLOBE SIMでもデータ通信SIMのみの対応となっているので、口座振替で契約できる数少ない通話SIMの提供先と言えます。

 

口座振り込みを希望する場合はカスタマーセンターへ電話し、手続きを行う形になります。

 

 

OCNモバイルONEの注意点

 

家族で容量シェアを利用する場合は事前に名義の統一が必要

OCNモバイルONEは1契約で最大5枚のSIMカードが発行でき、容量のシェアもできるため、家族での乗り換え、複数端末のMNPも可能です。ただし、その場合は事前に名義を統一する必要があるので注意。

 

別々にOCNモバイルONEに契約し、あとから契約をひとつにまとめることはできません。また、新規申し込みの際追加できるSIMカードは2枚が限度なので、それ以上のSIMカードを発行する場合は翌月まで待つ必要があります。

 

 

OCNモバイルONEの評価

OCNモバイルONEは通信速度も安定している部類ですし、かけ放題オプションもあり、バースト転送機能や高速通信のON/OFFも可能でセット購入できる端末もそれなりに多く、使い勝手の良いMVNOです。

 

ただ、価格面を見ると他社よりも少し割高な印象を受けます。例えばデータ通信SIMの3GBプランは1,100円ですが、他社では900円前後の設定になっていることが多いです。通話SIMも同様で、OCNモバイルONEの通話SIM3GBプランは1,800円ですが、他社で見ると1,500~1,600円あたりが多く、場合によっては1,400円代のプランも存在します。

 

このように全体的に料金が若干高めなので、安さ重視で選びたい方にはちょっと微妙。

 

しかし、大きなデメリットが無いのもOCNモバイルONEの特徴と言えば特徴。大手プロバイダが運営しているという安心感もあり、格安スマホ特有のデメリットを感じたくない、普段使いで不便な思いをしたくない・・・という方にはおすすめです。前述のとおりOCN光とのセット利用での割引もありますし、そうした割引を利用できる方であれば料金的な不満も減り、かなりおすすめな部類のMVNOと言えるでしょう。

 

ただ、使い勝手と安さ両方を踏まえて考えると、データ通信SIMならDMMモバイルエキサイトモバイルの方がおすすめですし、通話SIMの場合であればIIJmioの方がおすすめといった印象です。

 

 

OCNモバイルONEの口コミ・評判

  • ヘビーユーザーではないので110MB/日プランでも全く不自由しない
  • 日割りプランは月末までストレスなく使えるのが良い
  • 3日間の通信制限がないので助かる
  • 電話サポートがイマイチ。手際が良くない印象
  • 時間帯での速度低下が気になるケースがある

 

OCNモバイルONEは速度にも定評があったのでユーザー数も多く人気も高いのですが、口コミを見ると若干速度の低下を招いている印象もある模様。とはいえ通常利用に支障の出るレベルの低下は招いていないようなので、問題なく使えるレベル。

 

全体的なサービス内容は良いですし、何より3日間の通信制限がないのもポイントです。OCNモバイルONEでは直近3日間の通信量による通信制限が一切ないので、まとまった通信をするタイミングがある方にはかなり人気が高いです。ただしこのメリットを活かすためには日割りプランではなく月割りプランに申し込む必要があるので、自分に合った料金プランを選ぶのもOCNモバイルONEを賢く利用するコツになります。

 

 

OCNモバイルONEはどんな人におすすめ?

  • うっかり通信容量を使い過ぎ、月末に通信制限がかかってしまう方
  • まとまった通信をするタイミングのある方
  • 通話頻度の高い方
  • OCN光ユーザーの方

 

OCNモバイルONEはかけ放題オプションもあるので通話頻度が高い方にもおすすめですが、OCN光を利用する方なら併せて契約すれば料金の割引もあるので、OCN光ユーザーにもおすすめです。

 

全体的に見れば大きなデメリットもなく通信速度も安定している部類ですし、日割りプランに魅力を感じる方は選択肢としてみると良いでしょう。

 

OCNモバイルONEキャンペーン情報

 

 

OCNモバイルONE公式HPはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加