格安スマホ・格安SIMという言葉を耳にする機会も増え、興味はあるもののどういうものかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

格安スマホは主にMVNOと呼ばれる通信事業者が提供する通信サービスのことです。大手キャリアは設備投資を行い、自前の通信設備を有して顧客へとサービスを提供していますが、MVNOは自前の設備を保有せず、キャリアからレンタルすることでサービスを提供しています。他にも店舗の出店を最小限に留めるなどのコストダウンを図り、格安な通信料金でのサービスを実現しています。

そんな格安スマホのメリットは他にもいくつかあり、まずは利用できるエリア、通話品質が元回線のキャリアと同様ということです。料金が安いからと言って通信品質が粗悪ではないということは大きなメリットといえるでしょう。

また、選択可能な料金プランが豊富であり、その多くの料金形態が非常に分かりやすくシンプルであるということです。大手キャリアであれば選択できるプランが少ないことや、月々割などの割引サービスが複雑で結局いくら必要なのか分からないなどといった問題点がありますが、格安スマホは月々の高速データ通信容量に応じて段階的に料金が設定されており、その選択肢も多いことから自分に最適なプランを選択することができます。通話料金についても5分以内定額、月々30分以内なら定額、などといったかけ放題のようなプランも増えてきていることから、LINEなどの無料通話と組み合わせると電話発信が多い方もそれほど通話料金を心配する必要がなくなってきています。

とはいえ、当然デメリットもあるため注意が必要です。通信速度については利用混雑時に速度が低下する恐れがあります。時間帯によっては動画の閲覧などの容量の大きいデータ通信には支障をきたす場合があります。しかしその利用料金や、通話品質など大多数の方にとってはメリットが大きいと思われます。乗換を検討する際には格安スマホも候補に入れてみてはいかがでしょうか。