こんにちは!ZIGです。

このページではiPhone8およびiPhone8Plusのスペックや評価、他機種との比較をまとめています。

2017年9月13日に発表された新型iPhoneですが、その性能はどう変わったのか?詳細をまとめてみました。

記事は随時更新中です!

iPhone8/8Plusのスペック

iPhone8 iPhone8Plus
CPU A11 A11
ディスプレイサイズ 4.7インチ 5.5インチ
端末サイズ 67.3×138.4×7.3 78.1×158.4×7.5
重量 148g 202g
バッテリー容量
RAM
ROM 64GB/256GB 64GB/256GB
カメラ アウトカメラ:1200万画素

インカメラ:700万画素

アウトカメラ:1200万画素×2

インカメラ:700万画素

SIMカードサイズ nanoSIM nanoSIM

対応周波数

FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、66)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)

カラーバリエーションは3種類

スペースグレイ、シルバー、ゴールド

 

背面素材がアルミからガラス製へ変更され、耐久性がUP

iPhone8

 

iPhone8では前面・背面にガラスコーティングが施されている

※サイドはアルミフレームのまま

航空宇宙産業で使われている物と同じ。7000シリーズアルミニウム

コーティングで汚れや指紋も簡単いふき取れる

防水・防塵対応に

A11 BionicチップはA10から大幅に性能が向上

iPhone8が搭載するA11チップは6つのCPUを搭載。2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載しており、A10と比べて性能が大幅に向上。

高性能コアはA10と比較して最大25%処理能力が向上、高効率コアは最大70%性能が向上。

また、GPUもA10と比較して30%高速化し、A10の半分ほどまで省エネルギー化しました。

 

ワイヤレス充電

iPhone8は遂にワイヤレス充電に対応!遂に来たという感じですね。

こちらは別売りのワイヤレス充電スタンド「Air Power」が必要になりますが、利便性を考えれば購入してもいいんじゃないでしょうか。

また、世界共通規格のQi(チー)に対応しているので、Qi対応充電器があれば充電が可能だと思われます。

 

防水性能

IEC規格60529に基づくIP67等級。こちらはiPhone7と同様。

 

 

画素数は変わらないがカメラ性能も向上

iPhone8のアウトカメラはシングルレンジで1200万画素、インカメラは700万画素。

iPhone8 Plusは1200万画素のデュアルレンズと700万画素のインカメラを搭載。

カメラの画素数は前機種iPhone7と同じですが、使用しているセンサーや処理機能を一新。それによって性能向上・軽量化が図られています。

 

iPhone8 Plusのデュアルレンズはf/1.8の広角レンズとf/2.8の望遠レンズを搭載し、写真撮影の際は光学ズームのほか最大10倍、動画でも最大6倍のデジタルズームが可能に。

また、4K動画撮影で60fpsの撮影が可能になった点もポイント。

 

カメラ性能は全体的に大幅に向上しています。

 

 

iPhoneXとの比較

   iPhoneX iPhone8 iPhone8Plus
CPU A11 A11 A11
ディスプレイサイズ 5.8インチ 4.7インチ 5.5インチ
端末サイズ 70.9×143.6×7.7 67.3×138.4×7.3 78.1×158.4×7.5
重量 143.6g 148g 202g
バッテリー容量
RAM
ROM 64GB/256GB 64GB/256GB 64GB/256GB
カメラ アウトカメラ:1200万画素×2

インカメラ:700万画素

アウトカメラ:1200万画素

インカメラ:700万画素

アウトカメラ:1200万画素×2

インカメラ:700万画素

SIMカードサイズ nanoSIM nanoSIM nanoSIM

 

iPhoneXはサイズ的にはiPhone8とiPhone8 Plusの中間サイズ。

ただ、ホームボタンが廃止されたことでディスプレイが大きく、ディスプレイサイズはiPhone8 Plusより大きい5.8インチ。

なのでディスプレイは大きい方が良いけどiPhone8 Plusは大きすぎる・・・という方に適していると言えそうです(ただしXの方が若干厚みがあります)。

 

ホームボタンが無い、タッチIDの廃止、顔認証の導入と既存のiPhoneとは使い勝手も少し変わりそうですが、こうした点に魅力を感じる方はiPhoneXを検討してみると良いと思います。

 

iPhone7とiPhone8を比較

  iPhone7 iPhone8
CPU A10 A11
ディスプレイサイズ 4.7インチ 4.7インチ
端末サイズ 67.1×138.3×7.1 67.3×138.4×7.3
重量 138g 148g
バッテリー容量
RAM
ROM 32GB/128GB 64GB/256GB
カメラ アウトカメラ:1200万画素 アウトカメラ:1200万画素
SIMカードサイズ nanoSIM nanoSIM

 

iPhone7とiPhone8を比較すると、若干サイズや重量が増加したことが分かります。

厚みが0.2mm、重量は10gの増加ですね。このあたりは背面素材がアルミからガラスに変更になっているのも影響してるのでしょうか?

 

それ以外の部分は大きな違いはありませんが、やはり性能面では大きく違いが出る事が予想されます。

 

iPhone7PlusとiPhone8Plusを比較

  iPhone7Plus iPhone8Plus
CPU A10 A11
ディスプレイサイズ 5.5インチ 5.5インチ
端末サイズ 77.9×158.2×7.3 78.1×158.4×7.5
重量 188g 202g
バッテリー容量
RAM
ROM 32GB/128GB 64GB/256GB
カメラ アウトカメラ:1200万画素×2

インカメラ:700万画素

アウトカメラ:1200万画素×2

インカメラ:700万画素

SIMカードサイズ nanoSIM nanoSIM

iPhone7 PlusとiPhone8 Plusも、比べるとサイズと重量が増してますね。

幅・全高・厚みともに0.2mm、重量が20g増えました。

 

しかしその分性能が向上し、カメラ性能も大幅にUP。カメラ性能に不満があるならiPhone7 PlusからIphone8 plusへの乗り換えを検討してみてもいいかもしれません。