DMMモバイル

常にほぼ業界最安値の料金プランを提供し続けるDMMモバイル。やっぱり格安スマホ・格安SIMに「安さ」を求める方は多いですし、その要望をしっかり満たしている点は大きな魅力。

料金プランも他のMVNOよりかなり細かく設定されており、自分に合ったプランを選びやすく、上手く料金を節約することもできます。セット購入の端末も楽天モバイルほどではありませんが数が多く、セット購入を検討している方にもおすすめ。通信速度にも定評があるので使いやすいMVNOのひとつです。

利用料の10%がDMMポイントで還元されるため、DMMのサービスを利用している方はまず最初にチェックしておくと良いでしょう。

DMMモバイル公式ページ

DMMモバイルの各種情報

 

初期費用 3,000円
通話料 20円/30秒(DMMトーク利用時10円/30秒)
最低利用期間 データ通信SIM:なし 通話SIM:12か月
高速通信ON/OFF 可能
公式アプリ あり
バースト転送機能 あり
かけ放題オプション なし
プラン変更 可能(手数料なし)
解約 WEB上で手続き可能
MNP 可能(不通期間なし)

取扱い機種

  • HUAWEI nova
  • HUAWEI nova lite
  • HUAWEI Mate 9
  • AQUOS SH-M04-A
  • HUAWEI Mate 9
  • ASUS ZenFone 3 MAX
  • ASUS ZenFone 3 Laser
  • ASUS ZenFone 3
  • arrows M03
  • Moto G4 Plus
  • ASUS ZenFone Go
  • HUAWEI GR5
  • arrows M02

DMMモバイルの料金プラン

 

データ通信SIM データ通信SIM(SMS付) 通話SIM
ライト

440円

590円

1,140円

1GB

480円

630円

1,260円

2GB

770円

920円

1,380円

3GB

850円

1,000円

1,500円

5GB

1,210円

1,360円

1,910円

7GB

1,860円

2,010円

2,560円

8GB

1,980円

2,130円

2,680円

10GB

2,190円

2,340円

2,890円

15GB

3,280円

3,430円

3,980円

20GB

3,980円

4,130円

4,680円

DMMモバイルの料金プランは通信容量が細かく区切られているのが特徴。1GBといった少ない容量から20GBの大容量まで幅広くプランをラインナップしています。

他社ではあまり見かけない2GBや7GB・8GBといった容量のプランもあるので、1GBじゃちょっと少ないけど3GBもいらない・・・といった方も自分に合った容量を選びやすく、料金をうまく節約することが可能です。また、通信速度にこだわりが無いという方であればライトプランは440円から利用可能で、これはかなりの低価格。自分の用途に合わせて細かく料金を設定できるのが他社にはない魅力と言って良いでしょう。

もちろん料金プランは後からの変更も可能(手数料なし)なので、容量が少なすぎた・多すぎたという場合も後から調整が可能です。

シェアコース料金

 

容量 月額料金

データSIM3枚

1GB

480円

2GB

770円

3GB

850円

5GB

1,210円

7GB

1,860円

8GB

1,980円

10GB

2,190円

15GB

3,280円

20GB

3,980円

データSIM2枚+通話SIM1枚

1GB

1,260円

2GB

1,380円

3GB

1,500円

5GB

1,910円

7GB

2,560円

8GB

2,680円

10GB

2,890円

15GB

3,980円

20GB

4,680円

データSIM1枚+通話SIM2枚

1GB

1,960円

2GB

2,080円

3GB

2,200円

5GB

2,610円

7GB

3,260円

8GB

3,380円

10GB

3,590円

15GB

4,680円

20GB

5,380円

通話SIM3枚

1GB

2,660円

2GB

2,780円

3GB

2,900円

5GB

3,310円

7GB

3,960円

8GB

4,080円

10GB

4,290円

15GB

5,380円

20GB

6,080円

シェアコースは3枚のSIMカードで通信容量を分け合える料金プラン。データSIMと通話SIMを組み合わせ可能なので、家族3人で分け合うという形もできますし、ひとりで複数の端末を利用するといった使い方も可能。

別々に契約するよりも料金が安くなるので、複数端末をDMMモバイルで利用しようと考えているならシェアコースの利用を検討してみると良いでしょう。

オプション

 

オプション

月額料金

5分かけ放題オプション

850円

安心パック

500円

端末交換オプション

350円

セキュリティオプション

250円

DMM Wi-Fi by エコネクト

362円

スマート留守電

290円

タブホ

500円

 

 

DMMモバイルの特徴

DMMポイントの10%還元で実質料金がさらに安くなる

DMMモバイルは利用料の10%がDMMポイントで還元されるため、DMMの他のサービス(動画・電子書籍・DMMGAMESなど)を利用する方ならお得感が高いのがポイント。DMMモバイルの料金に充当はできませんが、他のサービスを利用するに当たってポイントが使えます。

また、ポイント付与の対象となる範囲が広く、月額基本料金だけでなく新規契約やSIM発行の手数料、各オプションの利用料、通話料やSMS送信料、通信容量の追加チャージ料等すべてが対象。使った分だけ還元されるポイントも増えます。契約時の手数料も対象となっているので、契約時の手数料も1割引きになるのはうれしいところです。

 

DMM光とセットで利用すると毎月500円の割引が受けられる

DMM光はフレッツ光とのコラボサービス。家のネット回線をDMM光に乗り換え、DMMの格安SIMを併せて利用すると毎月500円の割引が受けられるようになっています。

DMMモバイルのデータ通信SIMは低速無制限のライトプランなら440円、1GBでも480円なので、この割引を利用すると実質無料でデータSIMが使えるようになります。元々料金設定が安いDMMモバイルですが、この割引を組み合わせると更に料金を抑えられるので、DMMモバイルをつかうなら家の固定回線の乗り換えも検討してみると良いでしょう。

 

DMMモバイルの注意点

シェアコースは1回線しかMNPできない

シェアコースは最大3枚までSIMカードを発行できますが、MNP出来るのは1回線のみとなっています。

なので家族3人で電話番号を変えずに格安スマホに乗り換え・・・という場合はシェアコースは微妙。電話番号が変わっても良いならOKという形になります。もし、電話番号を変えずに家族で格安スマホに乗り換え、契約も一つにまとめたい場合はIIJmioやBIGLOBE SIMの方が適しているでしょう。家族での乗り換えを検討している方はこの点を踏まえてプランを選ぶことをおすすめします。

 

データ通信SIMとしてのDMMモバイルの評価

DMMモバイルは通信速度も安定しており、バースト転送機能や高速通信ON/OFF機能も付いているのでデータ通信SIMとしても使い勝手が非常に良いです。

公式アプリも使いやすく、料金プランも1GBや2GBといった低用量から20GBといった大容量まで揃っているので、自分に合ったプランも見つけやすいのもポイント。同じIIJ系のエキサイトモバイルと並んでデータ通信SIMとしてもおすすめのMVNOのひとつといえます。

 

通話SIMとしてのDMMモバイルの評価

プランも豊富で料金も安く、端末のラインナップも豊富で端末保証やセキュリティオプション、Wifiオプションなど通話SIM向けのオプションもしっかり揃っている。こうした点を見ると通話SIMとしても非常に使いやすい印象なのですが、なぜか通話定額オプションやかけ放題オプションが存在しないDMMモバイル。
 
なので通話頻度が高い方にとってはちょっと使い勝手が悪い印象があります。ただ、この点を除けばトータルでサービスの質は高いので、あまり自分から電話をかけない、通話頻度が少ないという前提であれば、通話SIMとしてもおすすめ。⇒5分間かけ放題オプションが登場したため、通話SIMとしての使いやすさが向上しました。

 

DMMモバイルの口コミ・評判

  • 利用料の10%がDMMポイントで還元されるのが地味にうれしい
  • とにかく安くて助かる
  • プランが細かく分かれているので自分に合った料金プランが選べる
  • バースト機能があるので低速時でもあんまり困らない
  • かけ放題オプションが無いのが残念過ぎる

実はDMMモバイルはWEBで口コミや評判を調べてもあまり悪い評判が出てきません。常に業界最安値レベルの料金プランを提供していて通信速度も安定しており、プランも豊富。高速通信のON/OFFやバースト機能も搭載していてセット購入の端末も豊富・・・と格安スマホユーザーが必要なものはしっかり揃えている、という印象。

ただ、それだけにかけ放題オプションが存在しないのが痛いところ。とりあえずトークアプリ「DMMトーク」で通話料を半額に出来ますが、通話頻度が多い方はDMMモバイル以外を選んだ方が料金的にお得になる可能性が高いでしょう。

 

DMMモバイルはどんな人におすすめ?

  • とにかくスマホの料金を抑えたい方
  • 家族で格安SIMに乗り換えようと考えている方
  • 複数端末を格安SIMで運用したい方
  • 端末セット購入を考えている方
  • 子供用・タブレット用の安いデータ通信SIMを探している方

前述のとおりかけ放題オプションがないので、基本的に通話頻度が低い方へおすすめのMVNOになります。⇒5分かけ放題オプションが登場したのでこのデメリットは解消されました。

この点に目をつぶればその他の面(料金プラン・通信速度・端末のラインアップ)は文句なし。サブ端末用や子供用、お年寄りの方用に安く運用できる格安SIMを探している・・・という方にもおすすめです。

 

DMMモバイルのキャンペーン情報

 

 

 

DMMモバイル公式ページ