プロバイダサービスのBIGLOBEが提供する格安SIM、BIGLOBE SIM。

複数枚数のSIMを発行できるプランもあるので複数端末での格安SIM利用や家族での転入候補にもなるほか、低価格で利用できる無料通話オプションもあるので通話をある程度する方にもおすすめのMVNOです。独自のメールアドレス(BIGLOBEメール)が利用出来たり、プランによってはWi-fiスポットが無料で利用できる特典も付属する点に注目。

BIGLOBE会員への割引もあるのでネット回線でBIGLOBEを利用している方はかなりお得に利用できます。

BIGLOBE SIM公式ページ

BIGLOBE SIMの各種情報

 

初期費用 3,000円
通話料 20円/30秒(BIGLOBEでんわ利用時10円/30秒)
最低利用期間 データ通信SIM:なし 通話SIM:12か月
高速通信ON/OFF 不可
公式アプリ あり
バースト転送機能 なし
かけ放題オプション あり
プラン変更 可能(手数料なし)
解約 WEB上で手続き可能
MNP 可能(不通期間なし)

取扱い機種

  • AQUOS SH-M04
  • ASUS ZenFone 3 Laser
  • ZenFone3
  • arrows M03
  • Moto G4 Plus
  • LG G2 mini for BIGLOBE
  • HUAWEI P9 lite
  • AQUOS mini SH-M03
  • HUAWEI Y6
  • Liquid Z330
  • Moto X Play
  • ZenFone Max

 

BIGLOBE SIMの料金プラン

 

データ通信SIM データ通信SIM(SMS付) 通話SIM
音声通話スタートプラン

1,400円

エントリープラン(3GB)

900円

1,020円

1,600円

6GBプラン

1,450円

1,560円

2,150円

12GBプラン

2,700円

2,820円

3,400円


 

オプション 月額料金
BIGLOBEでんわ 3分かけ放題

650円

BIGLOBEでんわ 通話パック60

650円

エンタメフリーオプション

通話SIM:480円

データ通信SIM:980円

留守番電話

300円

キャッチホン

200円

BIGLOBE端末保証サービス

500円

セキュリティセット・プレミアム

380円

インターネットサギウォール

300円

あんしん電話フィルター

300円

迷惑メールフォルダオプション

150円

i-フィルターfor Android

200円

BIGLOBE SIM端末保証サービス

500円

BIGLOBEスマホ 遠隔サポート

400円

パスワードマネージャ

150円

BIGLOBEお助けサポート

475円

BIGLOBE訪問サポート

12,000円

BIGLOBEの料金プランはデータ通信SIMの場合3GBから。通話SIMの場合は1GBから選択可能。料金的には平均的な部類という感じですが、BIGLOBE会員の方の場合はここから200円/月の割引が受けられるので、この割引を含めて考えるとかなりお得な料金になります。なのでBIGLOBEユーザーなら確実におすすめ。

ただ、BIGLOBE SIMの料金プランは明らかに6GBプラン以上の料金プランが優遇されているので、BIGLOBE SIMを使うなら6GBプラン以上を選択することをおすすめします。例えばエントリープランでは3日間の通信制限が存在(600MB)しますが、ライトSプラン以上では通信制限は存在しません。⇒3日間の通信制限は撤廃されました。

また、Wi-fiスポットの利用もエントリープランの場合は有料。6GBプラン以上の場合は1ライセンス無料です。このように特典面でエントリープラン以下は冷遇されているので、どうせつかうなら6GBプラン以上。つまり、ある程度の通信容量を毎月使うという方にこそBIGLOBE SIMは魅力があるといえるでしょう。

 

BIGLOBE SIMの特徴

プランによって複数枚のSIMカード発行が可能

BIGLOBE SIMはライトSプラン以上のプランで追加SIMの発行が可能。

6GBプランでは追加で2枚(合計3枚)、12GBプランで追加で4枚(合計5枚)の発行が可能。複数端末でBIGLOBE SIMを使いたい、家族で格安SIMへの乗り換えを検討しているという方はこれらのプランを利用すると良いでしょう。

 

BIGLOBE Wifiが1ライセンス無料で使える(6GB以上のプラン限定)

6GBプラン、12GBプランを契約するとBIGLOBE Wifiが1ライセンス無料で利用できます(通常月額250円)。

BIGLOBE Wifiは全国86,000箇所のアクセスポイントで利用できるWifiサービス。主なアクセスポイントとしてはスターバックスやプロント、ロッテリア、タリーズ、セブンイレブン、イトーヨーカドーなど。アクセスポイントも多いので通信量の節約にも役立ちます。

 

複数MNPが可能で名義の変更も不要

BIGLOBE SIMは1契約で複数のMNPが可能。家族で電話番号を変えずに格安スマホに乗り換え、契約を一つにまとめることができます。

また、BIGLOBE SIMは名義の変更を行わずに複数回線を1契約にまとめられるのも特徴。通常格安スマホに乗り換える際、複数回線を1契約にまとめようと思うと名義を統一しなければならないケースが大半ですが、BIGLOBE SIMでは主回線契約後、追加でシェアSIMを発行する際は名義が異なっていても追加可能。名義変更の手間が無く格安スマホへの移行がスムーズに行えます。

なお、後述していますが契約時に複数回線を別名義でMNPすることはできません。まず主回線を契約し、その後追加するシェアSIMが別名義でもOKという形。契約時に複数回線を契約しようと思うと、名義を統一する必要があります。

 

BIGLOBEの接続サービスユーザーは割引が受けられる

BIGLOBE SIMはBIGLOBE接続サービス(光ファイバー、ADSL、ベーシックコース)を利用している場合は月額200円、ビッグローブ光を利用している場合は月額300円、フレッツ光を利用している場合は月額100円の割引が受けられます。

なお、光セット割(ビッグローブ光・フレッツ光)はライトSプラン以上の契約が対象。

 

かけ放題と無料通話パックの両方がオプションで選べる

BIGLOBE SIMは3分間かけ放題オプションと60分の無料通話パックがオプションとして選択可能。通話時間は短いけど通話頻度が高いという方は3分かけ放題の方が使いやすいですが、通話頻度が少ない代わりに一回の通話の時間がちょっと眺めという場合は無料通話パックの方が使いやすいです。

かけ放題オプションを付けるMVNOも増えてきていますが、このように無料通話パックとかけ放題オプション両方を用意しており、どちらもオプションで付けることができるMVNOは実はほとんどありません。通話頻度や通話時間で自分に合った通話オプションを付けられるのはBIGLOBE SIMならではの特徴。

また、BIGLOBE SIMのかけ放題・通話パックオプションは料金的にも低価格。他社の5分かけ放題が800円前後の価格設定になっているので、3分と時間は少し短めですが、3分あれば困らないという方なら出費も少なく済みます。また通話パック60も月額は650円とかなり低価格。同様のオプションはmineoにも存在しますが、mineoの場合は1,680円なので、かなりお得と言えるでしょう。

 

エンタメフリーオプションで通信量の大幅節約が可能

エンタメフリーオプションはYoutube、Google Play Music、Apple Music、Abema TV等のサービスを利用する際の通信量がカウントされないオプション。動画閲覧は通信量の消費が大きく、このため容量の大きなプランに契約したり、通信量無制限のプランに契約している方も多いはず。

エンタメフリーオプションはそうした通信量の節約が図れるので、場合によってはかなりの通信量節約が可能です。通話SIMの場合は月額480円、データ通信SIMの場合は月額980円で利用可能で、通話SIMの方が安く利用できるように設定されています。

 

BIGLOBE SIMの注意点

3GB以下のプランのお得度が低い

BIGLOBE SIMは音声通話スタートプラン(1GB)、エントリープラン(3GB)のお得感が少な目。というか冷遇されています。

3GB以下のプランではSIMカードの追加もできませんし、BIGLOBE Wifiも有料、光セット割も受けられないなどハッキリ言ってお得感がありません。なので契約するなら6GBプラン以上の方がBIGLOBE SIMならではの恩恵を受けやすいでしょう。

 

契約時にまとめてMNPする場合は名義の変更が必要

契約時に複数のSIMカードを発行、契約しようとすると名義を統一する必要があるので注意。

まずメインの回線を契約し、契約後にSIMカードを追加、追加したSIMカードを家族に割り当てる場合は名義の変更は不要です。なので名義の変更がメンドクサイという方は契約後にシェアSIMを追加することをおすすめします。

 

BIGLOBE SIMの評価

通信速度も安定しており、オプションサービスも充実しているBIGLOBE SIM。全体的に使いやすい印象のMVNOです。

最近ではエンタメフリーオプションが追加されましたが、このオプションもかなり魅力的。Youtube利用時の通信量がカウントされなくなるので、Youtubeなどをよく利用する方であればこのオプションを入れるだけでかなり通信量の節約が図れる可能性があり、料金的にも節約効果が大きいでしょう。現状こうしたオプションはBIGLOBE SIM以外にはありません。

また、家族で格安スマホに乗り換える事を検討している場合にもおすすめの乗り換え先になります。12GBコースなら最大5枚のSIMカードが発行できますし、名義の変更なしで複数回線のMNPが可能なので手続きが簡単。家族の回線を1契約にまとめようとすると名義変更が必要なケースが多いので、この手間が必要ないのはうれしいところ。

シェアSIMそれぞれに別個にオプションを付けることもできますし、例えば子供がYoutubeを良く見るので通信容量がかさむ・・・というケースでは子供用のシェアSIMだけエンタメフリーオプションを付ければ通信量を一気に節約できてしまったりもします。

BIGLOBE SIMに関してデメリットを挙げるとすると、やはり3GB以下のプランのお得感が少ないところ。1GBや3GBのプランでは目立って安いという事もありませんし、少ない容量でお得なプランを探しているならmineoやDMMモバイル等の方がおすすめでしょう。

なので基本的にBIGLOBE SIMはある程度通信容量多めのプランを探している方や、家族での乗り換えを検討している方にこそおすすめのMVNOになります。6GBの容量で比較した場合、実は最安値の料金設定になっているのもBIGLOBE SIMの特徴なので、6GBくらいの通信容量が欲しい方にもお得なMVNOと言えます。

 

BIGLOBE SIMの口コミ・評判

  • Wi-fiスポットが無料で使えるので助かります
  • 3日間の通信制限がないので使いやすい
  • 60分無料通話オプションが安くて使いやすい。それほど通話しないしこれで十分。
  • 高速通信のON/OFF機能が無いのはなぜなのか

6GBプラン以上であればWi-fiスポット利用の無料ライセンスも付属するのでこの点ははやはり口コミでも評価されています。できればどのプランでも適用されて欲しいところです・・・

ちなみにBIGLOBEは高速通信のON/OFF機能がありません。ここは非常に残念。高速通信無制限のプランを提供しているMVNOは高速通信ON/OFF機能が無いことが多いですが、BIGLOBE SIMに関して言えば無制限プランを提供しているわけでもなく、何故ついていないのか?と感じがしてしまいます。やはりこの機能はついていてほしかったですね。

 

BIGLOBE SIMはどんな人におすすめ?

  • 通信容量5~6GBあたりのお得な格安SIMを探している方
  • 家族で格安SIMへの乗り換えを検討している方
  • 子供に安くスマホを持たせたい方
  • Youtube、Google Play Music、Apple Music、Abema TV等の利用頻度が高い方
  • BIGLOBE接続サービスユーザーの方

とりあえずBIGLOBE会員ならまず選択肢に上げておきたいところ。割引を利用すればかなりお得な料金で利用できます。

あとは安価な無料通話パックや複数のSIMカードで通信量をシェアできるといった点、Wi-fiスポットが無料で使えるといった点に魅力を感じればおすすめのBIGLOBE SIM。ただ、エントリープラン以下だと適用されない特典もあるのでその点に注意!基本的にはライトSプラン以上の利用を考えた方がお得です。

 

BIGLOBE SIMキャンペーン情報

 

 

BIGLOBE SIM公式ページ