au系回線でおすすめのMVNOランキング

au系回線でおすすめのMVNOランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加   

au系の回線を探している方におすすめのMVNOはこちら。

 

auユーザーが格安スマホに乗り換える際、以下のMVNOならSIMロック解除せずに格安スマホへの乗り換えが可能な場合もあるので、まずここを候補と考えると良いでしょう。

 

UQmobile

au回線のみを提供するMVNOのUQmobile。通信速度にも定評があり、au回線としては中低速ながら唯一通信量無制限プランをラインナップしています。

 

無料通話とデータ通信(2GB)をセットにした「ぴったりプラン」もあり、1,980円から利用可能。スマホでの通話頻度が高めの方でもおすすめです。さらにぴったりプランではターボOFF(高速通信OFF)時のSNS利用で通信量を消費しないという特徴もあり、SNS利用が多い方にもおすすめです。

データ通信SIM 通話SIM

980円(3GB)

1,680円(3GB)

UQモバイルの詳細はこちら>>>

 

mineo(Aプラン)

ドコモ、au両方の回線を提供しているmineo。パケットギフトやフリータンクといったユーザー間でのパケットのシェアができるのが他社にはない魅力。低用量・低価格の料金コースをラインナップしているので、料金をできるだけ抑えたいという方に適したMVNOと言えます。かけ放題オプションはなく、通話定額30(30分)などの一定時間の無料通話オプションを提供する形なので、通話頻度が高い方にはやや不向き。通話頻度が少ない方の方が使いやすいでしょう。

データ通信SIM 通話SIM

700円(500MB)

1,310円(500MB)

mineoの詳細はこちら>>>

 

IIJmio(タイプA)

元々ドコモ回線を提供していたIIJmioですが、au回線の提供もスタートし、2つの回線が利用できるようになりました。

 

IIJmioの料金プランは通信容量3GBが最も少ない容量で、1GB等の低用量・格安プランがありません。なのである程度通信容量が多目のプランを探している人の方が適しています。また、家族間での通信量のシェアやかけ放題オプションもあるのでこの点で見ても通話頻度・ネット利用頻度がある程度多い方向け。なお、IIJmioが提供するau系のSIMはVoLTE対応端末でしか使えないので、VoLTE非対応の端末を使っている方は要注意。

データ通信SIM 通話SIM

900円(3GB)

1,600円(3GB)

IIJmioの詳細はこちら>>>

このエントリーをはてなブックマークに追加