格安SIMを利用する時に良く見かけるSMSは、ショートメッセージサービスの事を指します。

通常相手にメッセージを送る場合、メールであればアドレスが、メッセージアプリであれば相手のID等が必要となる事も有りますが、SMSの場合は電話番号が分かれば相手にメッセージを送る事が出来ます。もちろん同じキャリアの携帯電話、スマートフォンを利用している必要はなく、他キャリアであっても何ら問題は有りません。

実際にSMSを利用する場合は、料金が必要となります。その会社によっても設定は違いますが、大体月額100円から200円程度となっています。

SMS対応SIMカードを選ぶと、非対応の物を選んだ時よりは使用料金が高くなってしまいますが、バッテリー消費を抑える事が出来る点から言ってもその機能を付けておく事は十分メリットがあると言えます。そんなSMSですが、実際に利用する時は、大体70文字程度を送る事が可能。利用する会社によっても違いが有りますが、大体この程度の文字数となっています。

また、SMSはただメッセージを送るだけでなく、実際にはメッセージアプリの認証を行ったりする時にも必要です。代表的なところではLINEがそうですね。

LINEは登録の際にSMSを使った認証を行うため、SMS機能の付いていないSIMカードを契約してしまうと認証が出来ません。格安SIMでもLINEを使いたい方は必ずSMS付きのSIMカードを選ぶようにしましょう。

さらにスマートフォンに圏外表示がずっと表示されるのを防ぐ事が出来たりもします。

現在スマートフォンではGPS機能を利用して地図を表示したり、近隣のお店を表示したりする事も有りますが、SMSなしのSIMを選ぶ場合、基地局を利用した現在地の推定を行う事が出来ません。そのため、地図アプリを利用する場合もなかなか現在地を表示する事が出来ず、表示するまで時間がかかってしまう事も有ります。

従って、メッセージを相手に送る時にのみ必要なシステムの様に思われるかもしれませんが実際にはメッセージ以外にも利用しています。

音声通話が出来るSIMの場合は最初からSMSの利用が可能となっていますが、データ通信用の場合は利用は不可となっている物も有ります。ただ利用可のタイプに後から変更する事も可能です。